ユーラシア研究所出版物のご案内

ロシア・ユーラシアの経済と社会

本誌は、1959年(昭和34年)創刊し、53年間にわたって定期発行を続けています。地域的には、中央アジア、コーカサス、中東欧諸国など、バルト海から日本海に至るユーラシアの広い範囲を、また分野的には、経済を中心として、政治、法律、社会、歴史その他広社会科学全般を対象とします。
また、国内の論文だけでなく、海外寄稿も掲載しております。

ロシア・ユーラシアの経済と社会

第1010号(2016年11月号)

<特集>ロシアの医療問題
p>ロシア社会における医療従事者の地位―2000 年~2010 年の時系列調査の結果を通じて 松本 かおり

ロシア国民の健康状態と連邦健康増進計画 田牧 陽一

<書評> 片山博文『北極をめぐる気候変動の政治学:反所有的コモンズ論の試み』臼井 陽一郎

<書評> 塩川伸明・池田嘉郎編 『社会人のための現代ロシア講義』 酒井 明司

第1009号(2016年10月号)

<特集>新たなロシアの安全保障環境

プーチン政権下の現代ロシアにおける国家安全保障政策の形成 長谷川雄之

ウクライナクライシス後のロシアをめぐる国際環境への一考察 藤巻裕之

中央アジアの過激派とロシア経済 ジェイソン・プラッツ

<書評> 斎藤治子『リトヴィーノフ―ナチスに抗したソ連外交官』 横手慎二

ロシア・ユーラシアの経済と社会

毎月25日発売

ロシア・ユーラシアの経済と社会バックナンバー一覧


ロシア・ユーラシアの経済と社会』読者の皆様

弊誌の刊行が大幅に遅れ、ご迷惑をお掛けします。
 現在、以下のような状況となっておりますので、しばしのご猶予をお願いいたします。----ユーラシア研究所
2016年12月号(1011)プーチン訪日後の日露ビジネスの課題(印刷中)
 ロシアにおける日系企業の現状とビジネス環境の課題 浅元薫哉
ロシアの軍事支出 小泉悠
ロシアによる千島列島・北方領土開発の現状 安木新一郎


深刻な低成長に喘ぐボスニア経済―内線から20年後も発展の兆しに乏しく 土田陽介
〈資料〉リトアニアのユーロ導入について
2017年1月号(1012)極北のロシア経済-チュコートカ(校了)
 ロシア極東の人口動態とその経済学的展望 雲和広  ポスト・ソビエト期における資源利用の変化と人口動態への影響 リトヴィネンコ
 チュコートカ自治管区・アナディリ市、及びアナディリ均衡の廃墟住宅訪問 雲和広
2017年2月号(1013) ロシア経済の現状と日露関係(入稿)
2016年のロシアの経済危機:原因・対策・展望 岡田進
サンクトペテルブルクにおける日系企業のビジネス環境の現状と今後の課題 宮川嵩浩
「大山鳴動してネズミ一匹」-日露山口・東京首脳会談を総括する 中澤孝之
〈書評〉村岡到著『ソ連邦の崩壊と社会主義―ロシア革命100年を前に』(ロゴス、2016年9月刊) 岡田進


在庫のございます書籍は、バックナンバーのご注文が可能です。

お問い合わせ・ご注文は 電話/ファクス 03-5477-7612 事務局 まはた、こちらのフォームよりご連絡下さい

月刊ロシア・ユーラシアの経済と社会定期購読お申し込み書類はこちらから